>

洗口液の特徴

メリット・デメリット

メリット/口をゆすぐだけの手軽さと、ゆすいだ液体を出す所があるとどこでも利用が可能です。
携帯用の洗口液もあるので、持ち運びにも便利な物もあります。
使用後はスッキリとした爽快感を感じる為、人に会う前の口臭対策、口内の乾燥対策にも使えます。
歯磨き後に使用する場合、有効成分が隅々まで行きわたるので、歯周病予防などにも効果があります。
デメリット/口内の汚れ全てを取り除けるわけではないので、洗口液だけでは虫歯予防は出来ません。
必ず歯磨きが必要になってきます。
アルコールを含む物もあるので、人によっては使えない物もあります。
練歯磨き粉に比べて種類が限られているので、物によっては持ち運びができない場合もあります。

使い時

洗口液は基本的には歯磨き後の磨き残しを防ぐ為に使用しますが、口腔内が乾燥し口臭が気になる時や、食後すぐに歯磨きが出来ない場合、寝起きなどで口内に粘つきなどを感じた際に使用すると良いとされています。
メリット・デメリットでもあげましたが、あくまでも補助的な役割をするのが、洗口液です。
他のデンタルケアと併用をしましょう。
歯磨き後の仕上げに使うとより効果的で、特に就寝前に使うと寝ている間の雑菌の繁殖を防ぐ事も出来ます。
液体歯磨き説明にも記載しましたが、洗口液も口内の隅々まで有効成分が届きやすく残りやすい為、お年寄りや小さな子供など、細かく磨く事が苦手な人、大人でも虫歯になりやすい人などが使うとよいでしょう。


この記事をシェアする