液体歯磨きってなに?口腔内を清潔に!

>

液体歯磨きと洗口液とデンタルリンスとマウスウォッシュと…

練タイプ

メリット/昔から使われている為、種類が豊富な事、比較的安価で手に入る事が嬉しい点です。
また研磨剤が入っている物もある為、洗浄成分が強く、茶渋などの頑固な汚れも綺麗に落ちやすいのが特徴です。
泡立ちがあるので、洗った気がする、口の中がスッキリする、といった効果もあります。
デメリット/種類が多い為、何を選んだら良いのかわからない事があげられます。
また研磨剤が入っていると、歯や歯茎を傷つけてしまう為、症状が酷いと知覚過敏や虫歯になる可能性も出てきます。
この研磨剤は頑固な汚れを落とす効果以外は不要な為、特に子供の歯には使ってはいけないと言う歯科医さんもいます。
泡立ちが良く、洗った気になり、きちんと磨けないケースも出てきます。

液体タイプ

メリット/研磨剤が入っていない為、歯や歯茎に優しく歯磨きが出来ます。
液状なので歯と歯の隙間にも入りやすく、有効成分が隅々まで届きやすいです。
水でゆすがなくても平気なので、口の中に成分が残りやすく効果が発揮しやすいです。
水を使わないので、防災用品としても使う事ができます。
デメリット/研磨剤が入っていない為、頑固な汚れを落とす事が出来ません。
市販されている種類が少ないので、高価になります。
液体歯磨きは介護の現場で活躍するケースも多く、細かな動きが出来ないお年寄りは、歯と歯の間や奥歯の溝を磨くのが苦手な為、液体で有効成分を浸透させる事で、口内を清潔に保つ事が出来ます。
液体歯磨きだと磨いた気にならない人は、洗口液で仕上げ磨き残しを除去する事もお勧めです。


この記事をシェアする