液体の特徴・練の特徴

液体歯磨きは読んでそのまま、液体の歯磨き粉の事です。
液体の為、歯と歯の隙間に入り込みやすくい事が特徴です。
チューブタイプの歯磨き粉よりも簡単で、口をゆすいだ後に、歯ブラシでブラッシングして終了、液体の成分を残す為にも水ですすぐ必要はありません。
もちろん水でゆすぐ事自体は問題ないので、気になる人はゆすいでも大丈夫です。
普通の歯磨き粉よりも水を使う事が少ないので、防災グッズの一つとして注目されています。
デンタルリンスとパッケージに記載されている物も多いですが、こちらも液体歯磨きの事を指します。
商品によっては、ナイトケアリンスと記載されている物があります。
これらはマウスウォッシュ=洗口液と呼ばれる物で、歯磨き後の仕上げ剤、もしくは、外出先での臨時の口臭対策をとして使う物です。
口の中の汚れを軽く取り除く為、一時的に口内を清潔にする事が出来ますが、これでゆすげば歯磨きが要らないと誤解している人もいます。
あくまでも洗口液は補助的な目的の物で、液体歯磨きが歯磨き粉と同じ物です。
歯磨きをする事を前提にどちらも作られています。
液体歯磨きと洗口液の見分けの付け方は、パッケージの使用方法を確認するのが一番分かりやすいです。
また商品によってはアルコールを使っている物もあるので、刺激物が苦手な人には向かない物もありますので、購入前は必ず確認しましょう。
ブラッシング後に口をゆすぐ事で、磨き残しのある箇所を清潔にできる事から、洗口液も、虫歯・口臭・歯周病予防にも効果があるとおススメしている歯科医もいます。

液体歯磨きと洗口液とデンタルリンスとマウスウォッシュと…

液体歯磨きと洗口液の違いについて説明していきましたが、ずっとチューブタイプ(練タイプ)の歯磨き粉を使っていると抵抗があり、すぐに移行出来ない事もあります。 もちろん液体だけが優秀!と言う訳ではありません。 ここでは、練タイプ・液体タイプのメリット・デメリットについてまとめてみました。

洗口液の特徴

練・液体歯磨きの特徴について説明しましたが、今度は洗口液の特徴です。 大人は仕上げ磨きを誰かにやってもらう事がありません。 また仕事で急いでご飯を食べて移動、移動している間に歯磨きが出来る保証もなかなかありません。 そんな時は洗口液の出番です。 ここでは洗口液の特徴、メリット・デメリットをまとめてみました。

歯磨き粉(液体)の次は…

歯磨きをする際に、歯磨き粉(液体)だけでは不十分です。 歯ブラシの選び方も、磨き方も重要になってきます。 歯ブラシも「普通・柔らかめ・硬め」と種類もあります。 なにがいいのでしょうか?ここでは歯ブラシの選び方や、正しい歯磨きの仕方について説明します。